公式ブログ blog

ホーム豆知識【ラウンジ】と【キャバクラ】の違い

【ラウンジ】と【キャバクラ】の違い

皆さんはキャバクラとラウンジの違いって分かりますか?

【ラウンジ】との【キャバクラ】は本当に似てると思いますが、実際には全く違ったお仕事なんです。
お酒を楽しむ所であることに変わりないんですが、明確な違いがあります。
働く女性側も、楽しむ男性側も実はよく分かってない人が多いのではないでしょうか?
特に女性は働く上で重要な知識なのでぜひご参考にしてきて下さい。
具体的に解説していきます。

仕事内容

『キャバクラ』の業務

キャバクラは自分のお客さんを作っていかないといけません。
なぜかというと、キャバクラは時給でお給料が支払われるんですが、その時給というには自分のお客さんが使ってくれたお金=売上自分のお客さんが月にどれぐらい来てくれたかという「本数」

そういった成績でお給料が決まっていきます。
つまり、自分の売上や成績によって時給が変動するというのがキャバクラのお仕事なのです。

ですが、最初はお客さんなんていませんので、お店から最低限の給料を保証してくれる『保証期間』があります。保証期間はお店によって1ヶ月〜3ヶ月とまちまちです。
その保証期間にお客さんが作れなかったら時給が下がったりするので、みんな必死にお客さんにアプローチをするのです。それがキャバクラの大変なところでもあり、面白いところでもあると思います。
この仕組は男性で言うと「ホストクラブ」ににていますね。
ではどうやってお客さんに来てもらうのかと言うと、結論『お店以外の時間を上手につかうこと』です。

例えば、お店以外の時間でデートをして思い出づくりをしたりだとか、悩んでいることの相談に乗ってあげるだとかのお店以外の時間を使って関係性を作るがすごく大事です。
そこから「この子を応援したい」とか「この子をナンバーワンにしてあげたい」とか思ってお金を使ってくれるんです。
もちろん有名な愛沢えみりさんとかエンリケさんとかのレベルになるとそこまではされてないと思いますが、彼女たちも最初はお客さん0の状態から始まっているので、たどってきた道は同じです。

『ラウンジ』の業務

ラウンジのお仕事内容はまず売上とかそういったものがないです。
例えば時給4000円の場合だとしたら、6時間働いたら24000円です。そこから10%程で引かれて、だいたい20000円がその日もらえるお金です。
これがどういうことかというと、お客さんは「ただ可愛い子と飲みたい」だけなので、女の子もお客さんが来たらお話しして、一緒にお酒を飲むという感じです。
なので、女の子も売り上げを作る必要がないので、例えば連絡先を交換したりもしないし、タバコの火をつけてあげたりとかも、別にする必要がないんです。
ただ一緒に楽しく会話して終わり。というケースがラウンジのお仕事になります。

キャバクラの方は自分の売上というのを常に意識していかないといけないのに対して、ラウンジというのは、その日その日の給料という感じなんです。
なので、ラウンジというのは、完全に自由出勤だとか、その日に稼いだお金はその日にもらえたりします。
こういったように、全然違った仕事内容になってきます。

 

メリット・デメリット

【ラウンジ】と【キャバクラ】の違いを解説すると、「キャバクラの方がすごい大変だから、ラウンジの方が全然いいじゃん!」って思う方が結構いると思うんですが、【ラウンジ】と【キャバクラ】のメリット・デメリットを解説します。

『キャバクラ』のメリット

一番のメリットは『頑張ったら稼げる』ってということです。
自分の売上というものを上げていくことによって、大きく捧げるのがキャバクラの大きなメリットになると思います。

『キャバクラ』のデメリット

キャバクラはお客さんが「応援したい!」という情があったりするので、場合によっては精神的に病みやすいというのが、キャバクラの特徴だと思います。
常に24時間キャバクラの売上を意識していないとといけないので、精神が擦り切れる思いをしなくては稼げません。お酒も飲まなきゃいけないし、アフターでお客さんとの時間を過ごさなきゃいけないし、同伴も組んだりしないと予定が立たなかったりします。
つまり。精神的のも体力的にも大変だったりします。楽しんでやれる人であれば、大金をゲットできる大きなチャンスでもあります。

『ラウンジ』のメリット

ラウンジは気楽に働けるということです。
キャバクラみたいに売上というものがないで、自分が出たいときに出勤して、楽に稼げるというのがラウンジのお仕事のメリットです。

『ラウンジ』のデメリット

ラウンジのデメリットは『採用基準が辛い』ということです。
特に西麻布・六本木のラウンジは本当に採用基準が辛いので、インスタグラマーの女の子だったりとか、モデルのタマゴのような女の子もいます。
なので一般的に見たら綺麗な女の子でもなかなか受からなかったりします。
ただ、コロナの関係もありここ数年は可愛い子よりも、お客様持っている子を優先的に採用しているケースもふえてきています。
あとデメリットと言えば、キャバクラと違って自分の時給が大きく上がらないというのがデメリットだと思います。

客層の違い

【ラウンジ】と【キャバクラ】の大きな違いの中にお客さんのテンションやタイプも大きな違いがあります。
キャバクラに来るお客さんというのは、女の子が自分の指名になってほしいからチヤホヤしてくれるわけです。お客さんのことをすごく立ててくれるんです。
なので、自分の承認欲求を満たしてほしいお客さんが多いです。
なかには勘違いをするお客さんも多いので、注意が必要ですね。
ラウンジはどっちかというと、「もてなされたい」というよりも、しっぽり飲みたいというお客さんが多いです。
芸能人の方もラウンジの方が多いイメージですね。

まとめ


【ラウンジ】と【キャバクラ】の違いを解説しましたが、個人的な一番の違いは空気感ですね。
キャバクラはピシッとしているイメージですが、ラウンジはゆる〜い感じですね。
どちらが良いとか悪いとかは一概には言えないのですが、誰しも向き不向きあると思いますので、ぜひ自分の性格や目的などと照らし合わせて判断してみて下さい。
LINEを追加したらスタンプを送ってくださいませ!
まずはお話しからでも大丈夫です!

担当者から返信があるので、希望の日時をお伝え下さい!
1人で不安な方はお友達も一緒で構いませんのでお気軽にお問い合わせください!

LINEでの応募

そのほかのお店でお探しの場合は下記から✨